増額申請と総量規制の関係を知っておく

キャッシングは借入を申込めば、いくらでも借りられるというものではありません。
いくらまで貸してもらえるかは、キャッシングの申込をした時、審査でいくらまで貸してもらえるか(融資限度額)が決まります。

「プロミス」でキャッシングをする時も、審査で限度額が決まりますが、限度額は消費者金融と銀行カードローンでは大きく違いが出てきます。

 

総量規制とは

総量規制とは、貸金業法が適用される金融業者に発生する、融資限度額への制限です。
つまり「プロミス」もこの法律の対象になり、融資できる限度額は年収の3分の1以内と言う制限を受けます。

ただし、総量規制には除外と例外があり、たとえば、おまとめや借り換えローンを利用する時は年収の3分の1を超えていても、超えた部分について診査で問題がないと判断されれば貸しても良いという事になっています。

一般ローンで借りる場合は年収の3分の1を超えての融資はしてもらえません。総量規制は複数の借入があった時も、その借入残高の合計で計算するので、一つの消費者金融で総量規制いっぱいまで借りたから、次の業者で借りる、という事は出来ません。

ちなみに、銀行カードローンは総量規制の対象外になります。ですから、審査に通れば年収に関係なく限度額が決まるので、本人の属性が良ければ年収の2分の1を超えた限度額が設定される事もあります。

 

総量規制は増額にも影響する。

増額申請は簡単にできますが、その前に増額が可能かどうかを知る必要があります。たとえば、キャッシングが初めてと言う人が「プロミス」で契約した時、おそらくその限度額はかなり低い設定になっているはずなので増額を申請する事は可能なはずです。

「プロミス」は総量規制の対象になるので、融資限度額は年収の3分の1までなら増やす事が可能で、たとえば、年収300万円の人で、限度額が30万円の設定になっていたとすると、最終的に限度額を100万円まで増やすことが可能です。

ただし、30万円からいきなり100万円になる事はなく、増額を続けることで最終的に100万円になるという事です。ですから、他社借入も含めて、すでに年収の3分の1近くまで借りている人は、それ以上の増額は出来ないという事を知っておく必要があります。