プロミス増額審査

初めてプロミスを利用したという人は、利用限度額が低く設定されていると思います。其の為、すぐ限度額に達しまい「もう少し限度額をふやせないかな?」と思った方もおられるはずです。

限度額を増やしたいという人のためにプロミス」は限度額が増やせる増額申請が可能です。増額ができれば利用できる金額が増えるので、お金に余裕が出来ますが、増額するには審査を受けて、通る必要があります。

増額審査はいつ申込をしてもよいと言うものではなく、申請するタイミングが重要になります。そのタイミングさえわかれば、増額の可能性は高くなります。

 

増額する方法は二通り

ご存知かと思いますが、増額とは初回の契約時に提示された利用限度額を引き上げる事をいいます。

例えば「契約時に利用限度額は30万円だったけれど、これでは少ないので利用限度額を500万円にしたい」というような事で、もちろん「プロミス」でも増額申請は可能です。

増額してもらう方法は、

koko1

①「プロミス」から増額案内の連絡がある。

「プロミス」から増額案内がある人は、「お金を借りて、毎月忘れず返済する」これができていれば安心です。「プロミス」から見ると、お金を借りて遅延や延滞がなくきちんと返済をしている人は、優良顧客となります。

そのためその人には「もっと借りて欲しい」となり、ATMやメール、会員サービスなどから利用限度額の引き上げの提案をしてきます。

②自分で増額の申込みをする。

「プロミス」から増減の提案が有るのはすべての人にある訳ではありません。提案がなくても、こちらから申請する事が出来ますが、その場合は改めて増額審査を受ける必要があります。

「プロミス」から提案があった時は、増額審査が無い場合もあるので、増額案内が届いた時が最も良いタイミングになります。

 

増額申請する方法

「プロミス」から増額案内が有った時は、続けて申込手続きに入りますが、自分から申請する場合の方法として、
095

  1. プロミスコールに電話する
  2. 会員サービスから申込む

と言う方法が有りますが、一番確実な方法はプロミスコールへ電話を入れて、自分の状況が増額できる状況なのかを確認してから申込む方が確実です。

増額の申し込みをすると、誰でも限度額を引き上げてもらえるのかと言えばそうではありません。増額してもらうには審査があるので審査に通らなければ増額はしてもらえません。

増額審査を受けるにはタイミングが重要で、どのタイミングが一番良いのかを知っておけば、増額の可能性は高くなります。

 

増額申請をするタイミング

増額を申込むタイミングは「プロミス」が優良顧客として認めてもらえるタイミングがポイントです。簡単に言うと「プロミス」から増額案内が届く人に近づくことができれば増額審査に通りやすくなります。

増額案内が届く人、優良顧客と言うのはどんな人なのかを見てみましょう。

  • 初回の契約から継続して半年以上利用している。
  • 返済は遅延や延滞がなく、返済日にキチンと返済している。
  • 申込み時に申告した個人情報に変更があった時は届け出をしている。
  • 他社で新たな借入れをしていない。

という事を続けていれば、増額の審査に通る可能性は高くなります。

「継続して半年以上利用している」

初めて「プロミス」と契約した人は、「プロミス」との信頼関係はまだ築かれていません。そのため、短くても半年以上は継続して問題なく利用する事が重要になります。

「返済は遅延や延滞をしたことがない」

その半年間は、金を借りた時は当然ですが返済期日を守るというのが基本で、たとえ一でも返済遅れたりすると、増額審査に通る可能性は低くなります。

契約時に決めた約定日には決められた金額の返済を行うことが信頼関係を築くことになり、増額へと繋がるのです。

「個人情報の変更があれば常に届け出をしている」

例えば契約時の住所が、引越しで住所が変わったり、携帯電話の番号が変わったり、勤務先が変わったりした場合、速やかに届け出をする事もポイントになります。

プロミスでは連絡が取れなくなる事を一番不安に思っています。そのためにも、変更事項は逐一報告することで<信頼関係を保ちましょう。

「新たに他社から借入れはない」

「プロミス」で増額しているのに、他社から借入をしていませんか?

他社で借入をしてさらに増額申請をすると「よほどお金に困っているようだ」と思われてしまい、増額しても返済が続けられるかどうかわからないという事で審査に通らなくなります。

増額審査は信用情報機関の個人情報も照会するので、仮に「他社借入はない」と嘘の申告をしてもすぐにばれてしまい、即審査に落とされてしまいます。

 

増額申請のタイミングを間違えると減額になる事もある

増額申請をして審査に通れば増額をして貰えるので、さらに便利さが増しますが、もし審査に通らなかった時はどうなるのでしょう。

審査に通らなかったら現状維持という事ではなくて、例えば初回申込時より収入が減った、勤務先が変わったけれど日が浅い、と言う場合、現在の利用限度額を下げられたり、場合によっては一時停止になったりすることもあります。

ですから、増額申請はいつでもよいというものではなく、タイミングを見て申請する事が重要になります。

プロミスの再利用するための審査のポイント

消費者金融の利用においては、利便性はあるものの金利が高いことから、完済後にカードを解約する人も多くいます。反面、再利用を希望する人もおり、この場合、どのような条件があるのか確認をしておく必要があります。
大手消費者金融の1つにプロミスがあります。プロミスでは、過去にキャッシングをした人でも再利用が可能になっており、方法としては、全くの新規で申込む方法と、コールセンターや会員サービスを利用する方法の2つがあります。まず、新規の場合には、最初から審査を受けることになり、初めて借入をした時と同じ内容で手続きを行うことになります。
コールセンターや会員サービスの利用では、債務者の内容によっては手続きのみで再利用ができる場合があり、コールセンターの場合には電話をし、再利用の希望を伝えることで借入が可能となります。また、会員サービス利用では、カード番号や暗証番号等でログインし、利用限度額が0円でなければ再度設定をし直すことで再利用をすることが可能となります。ただし利用限度額0円となっている場合にはコールセンターに電話を入れ、手続きを行う必要があります。
プロミスでは、コールセンターや会員サービスでは手続のみで再利用が可能となる場合もありますが、申込者の状況によっては借入ができないことがあり、この場合には、新たに申込をすることになります。
再利用における審査のポイントとしては、初めて申込む場合と同じになり、申込金額が総量規制の範囲内であることや、年収、返済能力、他社からの借入件数など、プロミスが定める内容をクリアすることが条件になります。この場合、過去プロミスの利用で延滞などが多かった場合には、審査は通りにくくなることを理解しておく必要があります。